インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情か

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。それは本当のことではありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は他の歯科治療と比べても高額です。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。
あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
http://www.saninsns.net

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ