自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
実は、かかる費用は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。
とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ