虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければ

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。
加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。
まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。
現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
他の治療が難しい患者さんにお薦めします。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。
忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ