ブリッジ治療を考えているなら、最も重要

ブリッジ治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがブリッジ治療の結果を左右するのです。今のところ、ブリッジの歯根部はチタン製が主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。ブリッジ治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。ブリッジが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは言えません。
ブリッジを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。ブリッジ以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
ブリッジ治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
また、あごの骨を掘ってブリッジを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
いろいろな事情からブリッジ治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
現実には、治療費といっても歯科医院ごとにずいぶん違っています。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。ブリッジ一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
歯科医にブリッジ治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、ブリッジ治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではやはりブリッジ適用が一番でしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ