一口にインプラント治療といっても、3つの段階に

一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
ブリッジ治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。皆さんがブリッジ治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。実は、かかる費用は歯科医院ごとに大きく異なります。
ブリッジ治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。欠損歯一本に対するブリッジなら、30万円から50万円程度が相場です。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのブリッジ治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
耐久性の面で、ブリッジはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。
ブリッジ治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、この歯はブリッジだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。ブリッジ治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでブリッジと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。
代表的なブリッジ適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ