検査から治療後のメンテナンス

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。
安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。
重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、デメリットも知った上で選択してください。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。
障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ