歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるで

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。高い費用も、一括払いには限りません。
クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。
しかし、それは正しくありません。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。そのため、MRI検査は問題なくできます。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。
加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ