ブリッジ治療が難しいとされる最大の理由

ブリッジ治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にブリッジを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。ブリッジ治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
人工物であるブリッジが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、ブリッジを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
ブリッジ治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。
ブリッジ治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはブリッジ治療を考えた方が良いですね。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ