ご存じの通り、インプラント治療は

ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。
この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ