生理中はお肌が敏感な時期

脱毛サロンによりお客様の体のコンディションによっては施術を行わない可能性もあります。生理中はお肌が敏感な時期でして、施術による肌トラブルを防ぐためです。
生理等で、身体のコンディションが悪くても施術を行えるケースもありますが、肌を十分に思いやったアフターケアをしっかりケアしましょう。
そして、また、施術ができない箇所はデリケートゾーンです。
いわゆる毛深い人に関していえば、脱毛エステを利用しても脱毛を完了させるまで、つまり満足できる状態に仕上げるまでにかなり時間をかけなければならないようです。
例えば他の人が脱毛完了まで12回通うだけで済むとしたら毛深い人は16〜18回、さらにもっと回数が必要になる可能性もあります。
時間をあまりかけたくない人は、脱毛クリニックの方が期間は短く済むことでしょう。
ただし脱毛クリニックで使用される機器は威力が大きく、施術を受ける際の痛みが少々強く感じるかもしれません。
脱毛エステでは大抵いろんなキャンペーンを用意しているものです。
これを上手に使うことができれば、かなりお得な脱毛ができるのです。
ただし、ここで注意点があります。キャンペーンに目当てはいいのですが、そこで簡単に契約をしてしまうと後で悩むことになるかもしれません。脱毛エステと契約を交わす前に、契約書に記載されている内容をよくよく確認し、じっくり検討するのがよいでしょう。
心惹かれる低料金、施術を受ける回数無制限などといったおいしい部分ばかりに目がいってしまうと、うまくいかないことがあるかもしれません。
1日目を脱毛エステと契約を行った日として、合計が8日以内に収まるのであれば、クーリングオフを選択することもできます。
ここで注意していただきたいのが、契約期間が1ヶ月よりも短い期間であったり、お支払いが5万円よりも低額の場合、クーリングオフが適用できなくなってしまいます。規定の日数である8日を超えてしまうと、中途解約ということになりますので早く手続きを行うことが重要です。脱毛エステで一般的に使用されている脱毛用の機器は、市販されていて簡単に手に入れることができる家庭用の脱毛器に比べるとかなり強い光をあてることできるのです。それに照射の範囲が広いため、処理時間が短縮できます。
とはいえ、医療系の脱毛クリニックで使用される機器と比較してみると出力限界値が小さくパワーが弱いので、永久脱毛はできないというわけです。ですが、大部分の人にとって痛みはかなり弱く感じられ、肌の受けるダメージが少なくなるという嬉しい点もあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ