浮気調査に支払う費用

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査員の食事代が足されるケースも少なくありません。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。調査にかかる時間が短いほど支払い額も安くなります。浮気の調査を探偵に任せ、しっかりとした確証が得られれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。信頼のできなくなったパートナーとこの先の長い時間を一緒に過ごすことはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れさせることもできるはずです。浮気の確証を手に入れるには最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。しかし、探偵に依頼するのは結構なお値段なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。探偵へ浮気調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所ごとにも金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発見された時、別れるべきか否か決めかねますよね。まずは落ち着いて、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。
探偵を比較する時のチェックポイントとは

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ